吉田研究室では、有機・バイオエレクトロニクスに関する研究を行っています。

炭素ナノ材料・ゲル・タンパク質・細胞などの有機・バイオ材料を用いたエレクトロニクスを学問として追求し、 持続可能な社会の実現に役立つような、再生可能な有機物素材・バイオマスを活用した様々な有機電子デバイスの研究を行っています。 応用先としてエレクトロニクス/ロボット/エネルギー/ヘルスケア/美容/医療/創薬などを志した、社会に役立つデバイスを目指して開発しています。電気・電子・情報技術をコアとしながら、機械・生物・化学・材料・マイクロナノマシン工学など異分野の技術を柔軟に取り入れて、新しいモノづくりに挑戦しています。

学生の方へ:教員の指導の下、希望する研究に取り組めます。マイクロチップ、センサ、アクチュエータ、エネルギーデバイス、ウェアラブルデバイスなどの製作を含む下記の実験系テーマが主ですが、人工知能の理論研究も行っています。学科では有機・バイオの知識はあまり勉強しませんが、予備知識は不要で、研究室配属後に勉強すれば大丈夫です。ただし電気系の知識は使いますので、基礎を学科でしっかり学んで下さい。

  • 有機エレクトロニクス
    • フレキシブル・ウェアラブル有機電池: 有機物でできた人体に貼りつくほど柔らかいエネルギーデバイスを作ります。
    • 生体親和性有機電極: ウェットな有機材料を加工・統合することで、生体に埋め込むことが可能かつ水に濡れた状態で動作する電気刺激・記録デバイスを作ります。
  • バイオエレクトロニクス
    • 人工神経エレクトロニクス・バイオAI: 生きた神経細胞をつかってデバイスを作り、新しい形の人工知能の創出を目指します。
    • スキンエレクトロニクス:皮膚との電気的インターフェースを作り、美容・健康に役立つデバイスを創出します。
    • 生体規範ソフトロボット: やわらかい有機素材を活用することで生き物のようなロボットを作ります。